固定電話の回線を変更して月ごとの経費が節約できた件

NTT東日本で固定電話回線を契約している方に、こんな案内がきていませんか?

NTT東日本からの案内

「INSネット」をご利用の事業者さまへ
ご存知ですか? 2024年1月「ディジタル通信モード」がサービス終了することを

 この案内は我が家にも2017年から案内がきているのですが、そんなの使っていないやと放置しておいたものです。
ただ、定期的に来るのでちゃんと確認すると、我が家も「INSネット」の利用に該当することがわかりました。

結果として「INSネット」から「光電話」に切り替えることで、
固定電話の月額料金が3883円⇨880円に節約できました。

1年間で3.6万円の経費はもったいないですよね。
しかも、私は3年ほど放置したので、10.8万円も損してしまったことになります。。。。
2024年までまだ2年ほどありますし同じように損している方もいるのではと思い、今日は我が家で行なった変更手続きについて記載していきたいと思います。

そもそも「INSネット」って?

NTT東日本の案内の冊子を見るとINSネットの使用例について以下のような説明が載っています。

INSネットの使用例

上記説明を見ても、中小企業の事務所を想定して書いてあるので、関係ないじゃんってなりがちです。 私なりに説明するとすると

INSネット = ISDN(ADSL)の回線契約をしているか 
    (電話回線を使ってインターネットを使っていたか?)

になります。 ISDN(ADSL)と聞くとピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今では光回線を使用したインターネット利用が普通になってきましたが、前は電話回線を経由して利用していました。 その際、普通電話が通話つうとならないように1つの電話回線を「電話用」と「通信用」に分岐して使用できるようにしたのた、ISDN(ADSL)と呼ばれる方式でした。 その時の名残りで

ISNネットつまりISDN(ADSL)を使用できる契約のままになってしまっていると対象になってしまうので要注意です。

※インターネット接続をISDN(ADSL)を使っている場合はネット回線の変更から必要になります。

契約の確認方法

案内の冊子を見ると、2つの方法が載っています。

 1.ご利用中の機器で確認する方法
 2.NTT東日本の請求書などで確認する方法

1は機器の使用状況(使っていなくても契約はINSネットを使用していることもあるので)によるところが大きいので、2の請求書で確認がお勧めです。

請求書欄に「INS通信料」と書かれていたら、余計に支払っている可能性があります。

※インターネット接続をISDN(ADSL)を使っている場合は、ネット回線の変更から必要になります。

請求書での確認方法

次に契約を変更する場合のプランについて説明していきます。

契約変更できるプラン

INSネットから変更する場合、
 ①加入電話・ライトプラン
 ②加入電話
 ③光電話
の3つの選択肢があります。
それぞれの特徴や月額は以下の通りになります。

加入電話・ライトプラン加入電話INSネット64・ライトINSネット64光電話
回線の種類アナログ回線左同ディジタル回線左同インターネット回線
特徴通話やFAXなどに利用可能左同1本で2回線同時に利用できるサービス左同インターネット回線経由で電話利用する
サービス内容加入電話・ライトプランと加入電話で違いなし左同だが、初期費用がかかる分、月額が割安INSネット64・ライトとINSネット64で違いなし左同加入電話と違いなし
初期費用3,080円40,480円3,080円40,480円6,270円 ※2
月々の費用2,915円 ※12,640円 ※14,158円3,883円
(元の契約)
550円
(変更後の契約)
注意点2024年以降も利用可能左同2024年1月から提供終了左同NTT系の光回線が使えないと同じ電話番号で利用不可
契約ごとの電話使用料
※1 1級局、プッシュ回線、事務用で抽出
※2 交換機など工事のみ、基本機能、マイナンバー、ナンバーディスプレイ、同番移行で

その時、インターネット回線の契約状況によって選択肢が以下のように変わってきます。

インターネット回線の契約状況対応方法節約
(A) INSネットを使用したインターネット接続をしている場合ネット回線の変更が必要すぐに対応不可
(B) ケーブルテレビもしくはNTT以外の光回線を使用している場合で、かつ固定電話の電話番号は変えたくない場合加入電話もしくは加入電話・ライトプランに変更可能月額968〜1243円の節約
(C) NTTの光電話を使用できる場合光電話のプランに変更月額3333円の節約
※フレッツ光の場合で算出(550円/月)
インターネット回線の契約状況と対応方法の違い

ネット回線や携帯電話会社などの組み合わせでスマホ料金が変わってくることもありますので、固定電話の節約代も変わってくるので組み合わせを考えてトータルで安いプランにしていきたいですね。

ちなみに我が家の場合は、固定電話の回線を「通常用」と「FAX用」に二回線契約していたので、複数チャネル「ダブルチャネル」と番号追加「マイナンバー」を契約して、880円/月まで節約することができました。

一昔前まで電話回線ベースで機能が増えて行ったのに、今後は光回線ベースで機能が増えていくので契約の考え方を変えていく必要があるようです。(例えば、TV回線など)

ネット回線を変更したい場合

インターネット接続にINSネットを使用していた場合は、他のネット回線へ変更することで固定電話やインターネット料金を変更できる場合があります。
以下に調べた結果を載せておきますのでよろしければ参考にしてください。
※ご自宅のネット環境などに合わせたものを選ぶように注意をお願いします。

auひかりフレッツ光ドコモ光
固定電話料金550円/月550円/月550円/月
ネット回線の料金割引 ↑SOHO・法人対応
スマホ割引スマートバリュー利用可能。
・ピタットプラン 永年毎月550円割引
・使い放題MAX 永年毎月1100円割引
光コラボ系のプロバイダ契約をすると各携帯会社のスマホ割引が可能になることも。ドコモ光セット割を利用可能。
永年毎月最大1100円割引
備考2回線同時着信などの機能は利用不可2回線同時着信「ダブルチャネル」、5つまで番号取得可能な「番号追加」など、NTT系なので利用可能左同
光回線と割引について
softbank光nuro光so-net光
固定電話料金513円/月550円/月550円/月
ネット回線の料金割引
スマホ割引おうち割 光セット利用可能。
永年毎月最大1,100円割引
softbank光と同じ割引可能。
光コラボあり。
光コラボ系のプロバイダ契約をすると各携帯会社のスマホ割引が可能になることも。
備考softbankのホワイト光電話とNTTの光電話両方に対応(光電話は複数回線契約可能)NTT加入電話なら番号そのまま1回線のみ
※so-net光プラスであれば、電話番号の引継ぎ可能(so-net光がフレッツ光の回線を使用している為)
光回線と割引について

本日はここまで。 長文にお付き合いいただきありがとうございました。

令和3年度 山形県南陽おいしいお米の会さんの田んぼ

先日、提携先の様子と新米の販売開始時期をまとめた形でご報告しましたが、収穫前の田んぼの様子を連絡いただいていますので、各農家さんの写真と共に改めて共有しておきます。

南陽おいしいお米の会さんのコメント

低温と言われていますが、南陽は盆地に位置していて昼の温度はそこそこあるので、平年並みの作柄が予想されています。
但し、積算温度が足りない分、刈取りが多少遅れるかもしれません。

新米の販売開始は 10/21 を予定しています。

令和3年度 新潟県新潟市・丸山和政さんの田んぼ

先日、提携先の様子と新米の販売開始時期をまとめた形でご報告しましたが、収穫前の田んぼの様子を連絡いただいていますので、各農家さんの写真と共に改めて共有しておきます。

丸山さんコメント

低温が心配されていますが、こちらは涼しいという位の感じで特に問題は無く、作柄は平年並みと見ています。

丸山さんの田んぼを撮ると、いつもこの様に赤くなります。

新米の販売開始は 10/16(土)になります。

令和3年度 福島県・あいづ農園さんの田んぼ

先日、提携先の様子と新米の販売開始時期をまとめた形でご報告しましたが、収穫前の田んぼの様子を連絡いただいていますので、各農家さんの写真と共に改めて共有しておきます。

あいづ農園さんのコメント

8月中旬の1週間、そして9月に入っての1週間において長雨・低温が続きましたが、今までの生育の様子から、それ程の心配は無いように思われる。
 けれど、登熟期に入った今、このまま低温が続くと青未熟米の発生が懸念され、刈取りが遅れます。
 最終的には収穫して見ないと分からないと言うのが正直な所であります。

新米の販売開始は 10/15頃 を予定しています。

富山県・林幸治さんの「富富富」の取り扱いを開始しました

富山県・林幸治さん
富山県・林幸治さん

富山県黒部市の林幸治さん

今年より富山県の林幸治さんより、富山県が15年の歳月をかけて開発した温暖化に対応した新しい品種「富富富」(ふふふ と読みます)を取り扱わせていただく事になりました。
新しい品種で取扱量が少ない為、今年度は 5kgで100袋弱 の限定での取り扱いとなります。

購入は 店頭 もしくは ネット販売 にて対応しています。

ぜひお試しください

令和3年 千葉県印旛郡・杉田和司さんの田んぼ

令和3年度 一番乗りの新米として9/24より取り扱いを開始しました。
先日、新米を引き取りに行った時の杉田さんと田んぼの様子を写真に収めてきました。
・・・が、稲刈りした後だったので、こんな写真になってしまいました。

杉田さんご本人

杉田さんのコメント

今年は大きな天候の影響もなく順調に生育したので、作柄は “平年作” の見込みです。

新米の販売開始は 9/24 より開始しています。

戸辺米穀店のお米はなぜ高いのか?

当店で取り扱っているお米は、スーパーやコンビニで売っているお米よりも高いです。
これは私がお店を継いだ頃から変わらず、これが理由で離れてしまうお客様も少なくはありません。
だからと言って、当店が過剰にお金儲けをしている訳ではないので、今日はその理由についてお話しさせて下さい。

お米の価格の話をする前に、”提携米” の理由から。

 当店では、特定の農家さんから直接お米を購入する ”提携米” にて商品をご案内しています。
提携米で取り扱うには2つの理由があります。

  1. 「作る人が分かり、その家族も食べてるお米を年間契約する」であり、
     安全・安心なお米を提供すること
  2. 農家さんが生活できる価格でお米を買い支えること
    = 「再生産可能な価格」で 農と食を支える応援団 となること
    = 安定生産・安定供給が図れることに繋がる

この再生産可能な価格というのが、当店のお米の価格が高い1番の理由になっています。

当店の価格の決め方

当店の価格の決め方は、市場原理に任せて相場のように変動する価格の決め方ではなく、農家さんの暮らしが成り立ち、来年も再来年も作り続けられ頑張ることが出来る価格、つまり 前述の『再生産可能な価格』 が最良の方法であることを確認し合い農家さんと話し合って決めてきました。
それを初めて提案した1996年から模索し続け、約18年の歳月を経た2014年を境に双方合意のもとで再生産可能な価格が決まり固定されました。 その価格はJA(農協)や集荷業者が買い取る価格よりも高くなります。
逆を言うと、市場原理で決まっている価格は「農家の生産費を無視した価格」になっていると言うことです。

私はこの取り組みの前までは何気なく、農家さんはお米・野菜などの農作物を作る “生産工場者” のように機械的に見ていた所が無意識にあったように思います。
そこで、生産者の立場を理解するために、コメ作りを体験したり、畑を借りて野菜作りを行ないながら農業の実情話を伺い、農と食の大切さを学びました。
農業の現場には私たちと同じ様に家族がいて一緒に生活している農家さんが居て、家族総出で農作物の生産に励んでいることに遅ればせながら気が付かされました。

そしてこうした経験からの考え方が、当店の経営理念にある

 “お米が結ぶ心のきずなを大切に” をモットーに、“農と食を支える応援団”となって都会の皆様と一緒に農家さんを応援しています

に繋がっています。

話を本題に戻します。

お米の価格については今年も収穫の目安が立つ稲刈り時期前後に確認しますが、天候等の影響でよほどの凶作・豊作でなければ基本的にお米を作る費用は大きく変わりませんので、今年も同じ価格で買い支えます。
これからも皆様のご理解・ご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。

令和3年度産の新米の生育状況と入荷時期について

令和3年度 山形県南陽の田んぼ

 今年は8月中旬 と 9月初旬に長雨や低温が多かったことで野菜などの高騰が見られるため、当店のお客様からもお米の生育状況を心配する声が聞かれました。
 そこで当店の提携米の生産者の方々に、今年の新米(令和3年度産米)の生育状況について伺いました。
不安定な天候の中で頑張っている生産者を応援して下さい。

令和3年度産の新米の生育状況と販売予定日

※ 皆様にお届けする “提携米” は、田んぼが決まっています。 刈取り後は、「籾摺り乾燥調製」 や 「農産物検査法に基づく米の検査」 などの工程を経た上で出荷されます。

なお、今秋から新しいお米の取扱いを始める予定です。 
詳細が決まりましたらお知らせする予定です。 お楽しみに。